世間の状況はFPに追い風!

ファイナンシャルプランナー(FP)は、ライフプランニングなど“お金に関しての生活設計”を行う仕事です。そして、生活設計を行っていない人が多ければ潜在需要が多いと言えます。

【生活設計を立てている人の割合は】
参考:<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成25年度>

男性 女性 その他
割合 39.2% 55.7% 5.1%

上記は、「自分自身の家族や将来について」「その為の経済的な準備にいつて」という質問で調査していますので、FPが提案するライフプランニングと近い内容だと推察できます。ちなみに、以下は男女別・年齢別の割合です。

【生活設計を立てている人の割合(年齢・性別)】
参考:<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成25年度>

男性 女性
20歳代 27.7% 25.0%
30歳代 42.2% 34.7%
40歳代 39.9% 39.6%
50歳代 39.4% 44.2%
60歳代 40.6% 45.6%

男性では30代、女性では60代で割合が高くなっています。こういった資料をどのように活用するかは各自の考え方ですが、生活設計をしていない割合が半数を超えている事実はFPにとってチャンスだと思います。

ただし、これは潜在需要であってライフプランニングの依頼をFPにするかは別の話です。つまり、FPはお客様に対して“どうしてライフプランニングが必要か?”という事をシッカリ説明して納得していただく必要があるわけです。

【PICK UP】資格の難易度と学習期間
ユーキャンの講座一覧は“難易度や標準学習期間”の目安が記載されているので、資格選びの参考になります。コチラ⇒難易度や学習期間、受験資格の有無

仕事に活かすなら、2級FP技能士/AFPを狙おう!

会社内での評価や独立開業などを想定した場合は2級以上が目安と言われています。独立も選択肢に加えたい人はAFPも取得した方が有利です。

以下の通信講座は「日本FP協会が認定するAFP認定研修」の対象講座です。受講・修了すれば3級資格やFPの実務経験がなくても、2級FP技能検定を受検することが可能です!

また、2級試験合格後に日本FP協会に資格登録手続きを行えばAFPの資格も取得できます。(1回の合格でW資格が得られる)

☆合格実績☆オススメの認定講座
【わかりやすい! ユーキャン】

●当講座修了で2級FP技能検定の受検資格
●平成27年度試験で1,486名が合格
わかりやすさが魅力! 安心のテキスト
●気軽に質問!充実の添削・質問サービス
●教育訓練給付制度対象講座

☆公式ページ⇒ユーキャンの(FP)講座

【安さに注目! フォーサイト】

低価格でも充実したカリキュラム
●2016年度は全国平均の2.11倍の合格率
●テキストは5色のフルカラーテキスト
●メール質問は専属スタッフが迅速に回答
●教育訓練給付制度対象講座のコース有

☆公式ページ⇒フォーサイトの(FP)講座

FP関連・カテゴリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする