CFPとAFPで、収入の差はあるの?

CFP®(1級FP相当)とAFP(2級FP相当)で収入の差について考えてみましょう。

資格のランクは違っても、同じファイナンシャルプランナーですので“変わらない”と言いたいのですが、統計を見ると差があります。

日本FP協会の「平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査」をみると、1時間あたりの相談料や1件あたりの提案書作成料といった基本となる業務においてAFP(2級FP相当)の方が安い傾向があります。

【1時間あたりの相談料 単位:千円】

平均値 中央値 最頻値
CFP 7.1 6.0 10~20
AFP 5.5 5.0 5~6
1.6 1.0

平均値で見ると、CFP®は7千円を超えていますが、AFPは5.5千円で約30%も低くなっています。また、最頻値を見るとCFP®は1万~2万円のゾーンが最多となっているのに対して、AFPは5千~6千円です。

【1件あたりの提案書作成料 単位:千円】

平均値 中央値 最頻値
CFP 67.0 30.0 30~40
AFP 30.7 20.0 10~20
36.3 10.0

参考:<日本FP協会の「平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査」>

提案書作成料においては、さらに差が大きいですね。
これは、AFPとCFP®の違いもありますが提案分野の違いもあると思います。

一般的なライフプランニングよりも、金融資産の運用設計や相続・事業承認設計の方が全体的に料金が高い傾向があります。

数字だけ見て、諦めないで!

上記の表を見て、「やっぱりAFPでは独立は無理だ・・」と考えないでください。何故ならば、この相談料は自分自身で決めるものです。

AFP(2級相当)は“これが相場価格”というものが世の中にあるわけではありません。実際に細かく見ていくと、相談料で2万円以上を提示している人の割合ではAFPがCFP®を上回っています。

提案書においてもAFPの中で5万円以上に設定している人は20%を超えています。つまり、AFP(2級相当)でもCFP®よりも稼いでいる人はたくさんいるのです。

管理人の経験で一つだけアドバイスをします。それは「お客様はファイナンシャル・プランナーに相談している認識はありますが、AFPやCFPに対する知識は薄い」という事です。

長く商売を続けていきたいと考えているならば、お客様に対しては適正価格を自信を持って提示した方が良いと思います。ましてや「AFP(2級相当)だから・・」なんて遠慮は不要です。

【PICK UP】資格の難易度と学習期間
ユーキャンの講座一覧は“難易度や標準学習期間”の目安が記載されているので、資格選びの参考になります。コチラ⇒難易度や学習期間、受験資格の有無

仕事に活かすなら、2級FP技能士/AFPを狙おう!

会社内での評価や独立開業などを想定した場合は2級以上が目安と言われています。独立も選択肢に加えたい人はAFPも取得した方が有利です。

以下の通信講座は「日本FP協会が認定するAFP認定研修」の対象講座です。受講・修了すれば3級資格やFPの実務経験がなくても、2級FP技能検定を受検することが可能です!

また、2級試験合格後に日本FP協会に資格登録手続きを行えばAFPの資格も取得できます。(1回の合格でW資格が得られる)

☆合格実績☆オススメの認定講座
【わかりやすい! ユーキャン】

●当講座修了で2級FP技能検定の受検資格
●平成27年度試験で1,486名が合格
わかりやすさが魅力! 安心のテキスト
●気軽に質問!充実の添削・質問サービス
●教育訓練給付制度対象講座

☆公式ページ⇒ユーキャンの(FP)講座

【安さに注目! フォーサイト】

低価格でも充実したカリキュラム
●2016年度は全国平均の2.11倍の合格率
●テキストは5色のフルカラーテキスト
●メール質問は専属スタッフが迅速に回答
●教育訓練給付制度対象講座のコース有

☆公式ページ⇒フォーサイトの(FP)講座

FPの年収:カテゴリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする