FPによる講師・セミナーの収入

ファイナンシャル・プランナー(FP)を生業にする人は、相談業務・講師・執筆の3分野が収入源となるパターンがほとんどです。

今回は、その中でも講師・セミナーの収入について考えてみます。セミナーに関しては無料で実施するケースもありますが、ここでは有償の場合に絞って説明していきます。

まず、日本FP協会の「平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査」によると、年間の有償セミナー実施回数の平均は21.7回となっています。

20回を超えているので相当多く見えますが、中央値だと6回で大幅に下がります。実はFPにも様々なタイプがあって相談業務中心の人もいれば、セミナー講師がメインの人もいます。

セミナー専業だと年間に50回を軽く超えてきますので、平均値が高くなるのです。

上記は、あくまでもセミナーを実施している実績がある人の話です。年に1回もセミナーを行わないFPは6割を超えています。

【1回あたりの講師料】

3万未満 3~10万未 10万以上
61.4% 30.8% 5.9%

☆平均:約3万 ☆中央値:約2万
参考:<日本FP協会「平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査」

管理人が経験上では、講師料だけで年収300万程度を稼ぐ人は相当に凄いパターンです。冒頭で少し触れましたが、無料でセミナーを請け負うFPも増えてきており、講師料に関しては緩やかですが減少傾向にあります。

【PICK UP】資格の難易度と学習期間
ユーキャンの講座一覧は“難易度や標準学習期間”の目安が記載されているので、資格選びの参考になります。コチラ⇒難易度や学習期間、受験資格の有無

有償セミナーで注目分野は?

講師料で稼ぐFPの得意分野を考えると、圧倒的に多いのは金融資産運用設計です。

金融関連では、セミナー参加者は資産を増やす目的で参加するケースがほとんどですので、セミナー料を払う事に対して抵抗は小さいです。市場も日々変化しますのでセミナーを繰り返し開催する事も比較的容易です。

また、NISAや確定拠出年金などの話に対しても興味を持つ人が増えているので、市場動向などの専門的な話だけでなく、仕組みを説明するセミナーにも参加者が多いです。

あとは、最近になって増えているのが、老後に対しての資産設計についてです。こちらの場合はライフプランニングの分野にも関わってきますので、広い知識が必要になります。

セミナーに関しては講師料を収入の柱にするパターンもありますが、セミナーをきっかけに相談顧客に発展する事も多いので、宣伝業務として行うパターンも増えてきています。

【関連】セミナー講師の仕事で大切な事!

仕事に活かすなら、2級FP技能士/AFPを狙おう!

会社内での評価や独立開業などを想定した場合は2級以上が目安と言われています。独立も選択肢に加えたい人はAFPも取得した方が有利です。

以下の通信講座は「日本FP協会が認定するAFP認定研修」の対象講座です。受講・修了すれば3級資格やFPの実務経験がなくても、2級FP技能検定を受検することが可能です!

また、2級試験合格後に日本FP協会に資格登録手続きを行えばAFPの資格も取得できます。(1回の合格でW資格が得られる)

☆合格実績☆オススメの認定講座
【わかりやすい! ユーキャン】

●当講座修了で2級FP技能検定の受検資格
●平成27年度試験で1,486名が合格
わかりやすさが魅力! 安心のテキスト
●気軽に質問!充実の添削・質問サービス
●教育訓練給付制度対象講座

☆公式ページ⇒ユーキャンの(FP)講座

【安さに注目! フォーサイト】

低価格でも充実したカリキュラム
●2016年度は全国平均の2.11倍の合格率
●テキストは5色のフルカラーテキスト
●メール質問は専属スタッフが迅速に回答
●教育訓練給付制度対象講座のコース有

☆公式ページ⇒フォーサイトの(FP)講座

FPの年収:カテゴリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする