FPの仕事は、多種多様

ファイナンシャル・プランナー(FP)の仕事に関して一般論を言えば「相談者の夢や目標を実現できるように、資金面のアドバイスをする事」といった感じになります。

将来の夢や目標を叶えるには、多くの場合は計画的な資金準備も大切になります。しかし、金融、税制、住宅ローン、保険、教育資金・・こういった事を日常生活を送る中で自分自身だけで計画を立てるのは非常に大変な作業です。

FPの仕事は幅広い知識をもとに、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする金融の専門家です。

ただし、「相談者の夢や目標をサポート」と言っても、曖昧すぎて仕事のイメージが沸かないと考えている人も多いと思います。

実際に相談者の要望は様々で、「老後生活を安心して過ごしたい」「マイホームが欲しい」「世界一周旅行がしたい」と様々です。

また、「住宅ローンについてアドバイスが欲しい」「加入中の保険が正しいか診断して?」「資産運用について知りたい」「相続の準備をしたのだけど・・」といった、具体的な相談も多くなっています。

こういった背景もあり、「お金の事なら何でも相談して!」という総合相談だけでなく、専門分野に特化したFPも増えてきました。

また、具体的な業務に関しても“相談・執筆・講演(講師)”の3つが大きな柱ですが、こちらに関しても全て行うFPもいれば、“執筆のみ”など1つに絞るFPもいます。

FP業務に関しては、仕事の方針によって多種多様である為、一概に“FP業務はこういうものだ”と言えない部分があります。

このカテゴリーでは、主だったFP業務を中心に内容を紹介していきます。

【PICK UP】資格の難易度と学習期間
ユーキャンの講座一覧は“難易度や標準学習期間”の目安が記載されているので、資格選びの参考になります。コチラ⇒難易度や学習期間、受験資格の有無

仕事に活かすなら、2級FP技能士/AFPを狙おう!

会社内での評価や独立開業などを想定した場合は2級以上が目安と言われています。独立も選択肢に加えたい人はAFPも取得した方が有利です。

以下の通信講座は「日本FP協会が認定するAFP認定研修」の対象講座です。受講・修了すれば3級資格やFPの実務経験がなくても、2級FP技能検定を受検することが可能です!

また、2級試験合格後に日本FP協会に資格登録手続きを行えばAFPの資格も取得できます。(1回の合格でW資格が得られる)

☆合格実績☆オススメの認定講座
【わかりやすい! ユーキャン】

●当講座修了で2級FP技能検定の受検資格
●平成27年度試験で1,486名が合格
わかりやすさが魅力! 安心のテキスト
●気軽に質問!充実の添削・質問サービス
●教育訓練給付制度対象講座

☆公式ページ⇒ユーキャンの(FP)講座

【安さに注目! フォーサイト】

低価格でも充実したカリキュラム
●2016年度は全国平均の2.11倍の合格率
●テキストは5色のフルカラーテキスト
●メール質問は専属スタッフが迅速に回答
●教育訓練給付制度対象講座のコース有

☆公式ページ⇒フォーサイトの(FP)講座

FP仕事・カテゴリー

【FPの3大業務】

FPの相談業務 大切な事
金融知識よりも重要な事があります。

執筆業務で収入と宣伝のW効果
印税収入と知名度アップができる。

セミナー講師の仕事で大切な事!
話し方だけでなく人脈も大切?

【専門分野のヒント】

住宅関連は相談が多い注目分野
FP業務の中心になりつつあります?

相続関係は専門FPが少ない分野?
専門分野の先生との連携が大切。

FPは保険の仕事が多いのは本当?
起業系FPが中心で独立系は減少。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする