【裏話】過去問演習が合格に必須の理由

管理人の考えとして、たいていの資格試験は誰でも独学で合格できると思っています。(超難関資格やAFPのように認定研修が必要な物は除く)

そして独学で合格する秘訣は、たった1つだけです。それは過去問をヒタスラ繰り返す事。究極的に言えば試験対策の勉強時間は90%以上を過去問に割いても良いと思っています。

徹底して過去問をススメル理由には、【裏話】とも言えるチョットした事情があります。

管理人は仕事で、いろいろな専門家と接する機会があります。その中には、検定試験などの作成に関わった経験がある人もいます。

そして、そういった方々と話していて、非常に面白い事を教えてもらいました。それは・・

『試験作成で重要なのは、合格率を一定水準をキープする事』

これは、ある意味では当然の話なのですが、教えてもらわないと気付けない事のような気がします。そして、合格率を一定にする方法として最もオーソドックスな方法は何か?もう、理解できたと思います。

試験問題を作る時に、8~9割くらいの問題を過去と似た傾向にすれば、合格率に大きなブレはありません。しかし、過去の内容と大幅に変更を行えば、合格率は大きく変わる可能性が出てきます。

つまり、“合格率を一定水準をキープ”という命題がある以上、過去問題を微修正したような内容にならざる得ないという事です。

これはFP技能検定でも、同様の事が言えますので過去問を徹底的に行うのは、試験対策として有効な手段だと考えられます。過去に繰り返し頻出問題を厳選している問題集を勧めるのは、そういった理由からです。

【PICK UP】資格の難易度と学習期間
ユーキャンの講座一覧は“難易度や標準学習期間”の目安が記載されているので、資格選びの参考になります。コチラ⇒難易度や学習期間、受験資格の有無

管理人のオススメの過去問題集

FP技能検定の試験では、過去問をシッカリとマスターすれば合格圏に達しています。以下の問題集は過去に頻出度が高い問題がシッカリ網羅されています。

管理人が考える合格する為の最も効率的な学習方法は、問題集を3回以上行う事です。
※この方法で、1級FP技能士の資格も得ることができました。

☆3級のオススメ問題集

☆2級のオススメ問題集

FP資格・カテゴリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする