FP資格を取得して独立を目指そう!

「FP資格では、独立できない」といった話を時々聞きます・・

根本的に資格が無くてもファイナンシャル・プランナーと名乗れますから、この言葉は正しいとも言えます。

また、世間的に“独立できない”という言葉の中には、“独立しても、食べていけない”という意味が含まれていると思います。

しかし、管理人は「食べていけない」という事については疑問があります。実際には勉強して資格を取得しても自己啓発で終わらせてしまっている人が大半と言うのがFP資格の実情です。

つまり、有資格者のほとんどの人が“FPで食べる為の行動をしていないだけ”というのが本当の話だと思います。

【PICK UP】資格の難易度と学習期間
ユーキャンの講座一覧は“難易度や標準学習期間”の目安が記載されているので、資格選びの参考になります。コチラ⇒難易度や学習期間、受験資格の有無

FP資格は持っていなくても、大丈夫なの?

冒頭でも触れましたが、基本的にFPになるのに必要な資格はありません。国家資格として1級~3級までありますが、技能検定資格ですので、FPとしての能力を証明するのが役割です。

では、だからといって「資格なんて、いらないよね~」となるでしょうか?

管理人の見解を述べれば、“資格は取っておいた方が良い”です。FPの仕事をする上では相談者の資産状況をフルオープンにしてもらうのが理想です。

しかし、見ず知らずの人に全てを簡単に話してくれるでしょうか?多かれ少なかれ警戒心があるのが普通です。

FP資格に拘る必要はありませんが、何らかの信用度を証明する資格や肩書(経歴)があった方が良いと思います。

ある程度の仕事が軌道に乗り、相談者から次の顧客を紹介してもらえるようになれば資格は不要ですが、起業当初はFP資格はアピールとして有効な手段となります。

仕事に活かすなら、2級FP技能士/AFPを狙おう!

会社内での評価や独立開業などを想定した場合は2級以上が目安と言われています。独立も選択肢に加えたい人はAFPも取得した方が有利です。

以下の通信講座は「日本FP協会が認定するAFP認定研修」の対象講座です。受講・修了すれば3級資格やFPの実務経験がなくても、2級FP技能検定を受検することが可能です!

また、2級試験合格後に日本FP協会に資格登録手続きを行えばAFPの資格も取得できます。(1回の合格でW資格が得られる)

☆合格実績☆オススメの認定講座
【わかりやすい! ユーキャン】

●当講座修了で2級FP技能検定の受検資格
●平成27年度試験で1,486名が合格
わかりやすさが魅力! 安心のテキスト
●気軽に質問!充実の添削・質問サービス
●教育訓練給付制度対象講座

☆公式ページ⇒ユーキャンの(FP)講座

【安さに注目! フォーサイト】

低価格でも充実したカリキュラム
●2016年度は全国平均の2.11倍の合格率
●テキストは5色のフルカラーテキスト
●メール質問は専属スタッフが迅速に回答
●教育訓練給付制度対象講座のコース有

☆公式ページ⇒フォーサイトの(FP)講座

FP独立・カテゴリー

【FPの強みを知ろう】

ファイナンシャル・プランナーの強み①
金融関連のコーディネーターとして、ワンストップサービスが可能。

ファイナンシャル・プランナーの強み②
相談者の全ての金融資産が把握できるので、幅広い提案が可能。

FP業務で役立つオススメ資格は?
Wライセンスで専門性をアピール。新たな強みを自ら獲得!

【独立に対する疑問

2級FPでも独立は可能です!
2級FP技能士でも独立FPが多い。独立したら実力が勝負!

FPは金融関係以外からの独立も多い
前歴に捕らわれすぎてはダメ。異業種からでも成功は多い。

FPの独立で最も苦労するのが集客!
集客で苦労しているFPが多い。ネットを活用がポイント?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする