執筆業務で収入と宣伝のW効果

ファイナンシャル・プランナー(FP)の仕事を開始すると「本を出版しませんか?」という電話などが掛かってくる事があります。

しかし、こういった話の多くは自費出版と言われるもので、自らが制作費用を負担するパターンですから、あまりオススメしません(300~500万?かかる)。

FPとしての執筆業と言われるのは、費用は全て出版社が負担し、印税が貰える企画出版です。

【関連】FPの執筆料や監修料ってどれくらい?

当選ですが、黙っていても依頼は来ませんので、企画書を作って出版社にどんどん送る(メール)ところから開始です。

本を何冊も出しているようなFPから話を聞くと、「数十社に企画を送って1社~2社の反応があるか?」という狭き門のようです。

ただし、執筆だけで数百万(年間)を稼ぐFPもいるので、確立できれば魅力的な収入源となります。

【PICK UP】資格の難易度と学習期間
ユーキャンの講座一覧は“難易度や標準学習期間”の目安が記載されているので、資格選びの参考になります。コチラ⇒難易度や学習期間、受験資格の有無

1冊目が出版できると、次からスムーズ

本を出版するメリットは印税収入だけではありません。出版経験があるFPからは「本を出したら、マネー雑誌からの取材依頼が頻繁に来るようになった!」という話もあります。

当然ですが、顧客に対しても「本を出版しいてる」「雑誌取材の経歴がある」というのは信用にもつながりますので、相談業務にも好影響が期待できます。

また、1冊目の本を出版すると、2冊目以降がスムーズに決まる傾向がありますので、最初の1冊目を獲得する事が大切です。

出版社にとっては、出版企画が途中で頓挫してしまうパターンが最もマズイ事ですので、経験者の方が安心して依頼できるという内情があるようです。

ちなみに出版が決定した場合は、執筆期間は3ヶ月くらいが普通です。はじめての人にはチョット厳しく感じるかもしれませんが、管理人の感覚では1日2時間くらい執筆時間をとれば充分に可能だと思います。

通常の相談業務と両立するのは大変ですが、中長期的な仕事へのリターンを考えると非常に魅力的ですので、チャレンジするメリットは充分にあると思います。

仕事に活かすなら、2級FP技能士/AFPを狙おう!

会社内での評価や独立開業などを想定した場合は2級以上が目安と言われています。独立も選択肢に加えたい人はAFPも取得した方が有利です。

以下の通信講座は「日本FP協会が認定するAFP認定研修」の対象講座です。受講・修了すれば3級資格やFPの実務経験がなくても、2級FP技能検定を受検することが可能です!

また、2級試験合格後に日本FP協会に資格登録手続きを行えばAFPの資格も取得できます。(1回の合格でW資格が得られる)

☆合格実績☆オススメの認定講座
【わかりやすい! ユーキャン】

●当講座修了で2級FP技能検定の受検資格
●平成27年度試験で1,486名が合格
わかりやすさが魅力! 安心のテキスト
●気軽に質問!充実の添削・質問サービス
●教育訓練給付制度対象講座

☆公式ページ⇒ユーキャンの(FP)講座

【安さに注目! フォーサイト】

低価格でも充実したカリキュラム
●2016年度は全国平均の2.11倍の合格率
●テキストは5色のフルカラーテキスト
●メール質問は専属スタッフが迅速に回答
●教育訓練給付制度対象講座のコース有

☆公式ページ⇒フォーサイトの(FP)講座

FP仕事・カテゴリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする